糖尿病

糖尿病とは

みなさんの周囲には、糖尿病の方はいらっしゃいますか。
家系的に現れることもあり、親戚や親など、糖尿病の人が多い家系の方は、
自分もそうなってしまう確率があります。糖尿病は生活習慣病なので、親が
きちんとした食生活をしていなければ、次第に子供達も同じような症状にな
ってしまうでしょう。
糖尿病は、心筋梗塞、心臓病と同じように、きちんと対処しなければ命に関
わってくる病気です。現在は、生活習慣病として、社会問題にもなっていま
すので、糖尿病になってしまったら放置せず、治療をすぐに開始するべきで
しょう。
さて、糖尿病はよく「糖が出た」と言いますが、実際にどのような病気なの
か、詳しいことを知っている方もそれほど多くないと思います。生活習慣病
である糖尿病は、誰でも発症してしまう可能性がありますよね。
実際に糖尿病になってしまった際は、なるべく早く治療をスタートすること
で、病気が治る可能性が高くなります。ですから、糖尿病がどのような病気
なのか、みなさんも理解しておくと良いでしょう。
通常、ブドウ糖という糖が私たちの血液の中に含まれています。糖尿病とは、

血液中に含まれている、そのブドウ糖の濃度が高い状態になってしまうこと
で、それが持続してしまう病気です。ブドウ糖とは、別名、グルコースとも
呼ばれ、果実やはちみつなどに多く含まれている糖分の一つです。血液中に
も、通常は約0.1 グラム、含まれています。
ブドウ糖は通常、外から接種しています。例えば、パンやご飯など、食べた
炭水化物が体内で分解されて、消化され、やがて、ブドウ糖になっています。
人の体にはインスリンと呼ばれているホルモンがあり、このインスリンがす
い臓から分泌されています。通常、健康な方でしたら、食事をしたときに体
内で作られるブドウ糖、アミノ酸などが、体内で吸収されると、すい臓から
自動的にインスリンが出てきます。
インスリンが働くと、血液に入ってきたブドウ糖は筋肉組織などにも取り込
まれるようになります。このことで、血糖値が一定以上にならないように調
節してくれるのです。
インスリンの量が、悪い生活習慣の積み重ねによって、もしくは、突然の異
常によって、減少するケースがあります。また、上手く機能しないようにな
り、と糖尿病になってしまいます。インスリンが血糖値を下げると言う本来

の機能が弱くなって、血糖値が高いままになる病気が糖尿病なのです。
糖尿病になったら、薬で治療する方法や、インスリン注射をする治療方法が
行われています。糖尿病が元となり、やがては様々な症状が体中に出てきて
しまう病気でもありますので、治療も多方面に渡ってしまいますから、そう
なってからでは遅いですよね。
普段から出来る限り、自分で予防しておかなければなりません。主婦の方で
したら、旦那さんが糖尿病にならないような食事を作ってあげたり、一人暮
らしの方でも、ジャンクフードばかり食べないように気をつけたりと、普段
の食生活に気をつけましょう。
食生活を正すことは、糖尿病だけでなく、他の病気を予防するためにも、と
ても大切なことです。
糖尿病

糖尿病と食事その1

糖尿病になってしまったら、治療を続けることはとても大切であり、それと
同時に、食事も改善していかなければなりません。
糖尿病を予防するためにも、治療のためにも、それまでの間違った食事をし
てきた方は、その食事自体を変えることも、とても有効なのです。
特に栄養バランスやカロリーを気にせず、好きなものだけを食べていた人は、
ここで、思い切ってその食事と決別する必要があるでしょう。
今の日本は、外食産業も盛んで、一歩外に出れば、コンビニや24 時間営業
のレストランもあり、食べるものには不自由しませんよね。
ですから、ついつい手軽なインスタント食品ばかり食べてしまう方もいらっ
しゃるでしょうし、ファーストフードなどの栄養を考えていないメニューば
かり食べている方も多いと思います。それに油っぽい食事ばかり、好んで食
べている方も中にはいらっしゃると思います。
外食やインスタント食品などを、メインの食事としていた方は、糖尿病にな
ったことで、食事の内容をがらりと変えなければなりません。そうしないと、
せっかく糖尿病の治療を続けても、食事が乱れていれば、意味がなくなりま
す。

そして、何を食べたらよいのかと言うこと以外にも、糖尿病の方は、食事で
気をつけなければならない点がいくつかあります。
どのようなものを食べるということも、糖尿病の治療中の方にとっては、も
ちろん、大切なことですが、ほかにも「適切な食事の量」を守ることも大切
です。
糖尿病

糖尿病と食事その2

体に良いものばかりなら、沢山の量を食べてもよいのかと言えば、そうでは
ないのです。「食べ過ぎずに適切な量を食べる」ということは、血中の糖分
のバランスがちょうど良くなります。
血糖値が気になっている方、糖尿病を治療している方にとって、毎回の食事
で気をつけなければならないことは、「食べ過ぎずに適切な量を守る」とい
うことです。
1 日3 食をきちんと食べることは、実は糖尿病患者にとって、とても大切な
ことなのです。これは健康な生活をしている方にとって、当たり前のことで
しょうが、糖尿病を治療中の方は、食事を1 回、抜いてしまうと、次に食べ
る際に、血糖値が急激に上がってしまいます。食事を抜くことは、糖尿病を
悪化させてしまう原因となっています。
食事を抜くこともダメですが、食事と食事の間隔が、ひどく開きすぎてしま
うと、肥満に繋がります。食事の時間が開きすぎると、当たり前の話ですが、
体が空腹状態になります。空腹状態の体に、いきなり食べ物を入れると、体
はどうなるでしょうか。
体は、次の食事まで、また間隔が開くと思い、それまでにエネルギーをたく

さん蓄えようとします。結果、食事の量はたいしたことがなくても、より多
くのエネルギーを蓄え、皮下脂肪がつき、やがて、肥満となります。
仕事の関係で、お昼ご飯が夕方になったり、夕食が夜中になったりする方も
いらっしゃいますが、不規則な時間に食べることは、このように体がエネル
ギーを溜め込みやすくなり、肥満に繋がるのです。
糖尿病

糖尿病と食事その3

糖尿病を治療中の方だけでなく、ダイエットしたい方も、食事と食事の間隔
は開かないように気をつけたほうが良いでしょう。
肥満体質にならないように、普段から、食事の時間、回数に気をつけなけれ
ばなりません。そして、早食いの方は、大食いにつながります。血液中の糖
分が増えて、満腹状態を感じる前に、胃に食べ物がどんどん入ってしまうの
で、食べ過ぎる傾向にあります。これも肥満の原因です。
満腹感を持続させるためには、食事をする際、ゆっくりよく噛むことが大切
です。時間をかけて、ゆっくり食事をしていると、血液中の糖分が増える時
間が与えられます。そうしますと、少ない量でも、「糖分が増えた」と脳が
感知するため、満腹感が感じられるようになります。
糖尿病を治療中の方は、「適切な量の食事をすること」も大切ですから、食
事の際は、時間をかけてゆっくり食べましょう。会社のランチタイムは短時
間で済ませなければならないと思いますが、せめて朝と夕食は時間をかけて
食べるようにしてくださいね。
糖尿病を治療中の方は、特に低カロリーの食事をするように心かげてくださ
いね。メニューは野菜中心の料理がお勧めです。ご飯、パンなどの炭水化物

も適量に食べて、インスリンがよく働くようにしましょう。
糖尿病を治療中は、アルコールを控え、間食や外食も出来るだけやめておき
ます。たまに外食する程度は良いですが、必ず腹八分目を守るようにしまし
ょう。食べ放題などはついつい食べ過ぎてしまいますから、避けたほうが無
難ですね。
糖尿病